ドコモの5G対応スマホを紹介|スペックを比較してみた感想まとめ

ドコモの5G対応スマホを紹介|スペックを比較してみた感想まとめ

ドコモが2020年3月に5Gサービスに対応しました。

今回は5Gに対応している最先端のスマホを紹介していきたいと思います。

Galaxy S20 5G SC-51A

メリット
  • 5G対応スマホの中では超軽量
デメリット
  • ワンセグ・フルセグが使えない

サムスンから発売されたGalaxy S20 5G SC-51Aはサムスンらしく圧倒的なスペックを誇っています。

同じサムスンから発売されるS20+ と比較するとバッテリー容量が少ないため163gと5G対応スマホの中では超軽量のモデルです。

AQUOS R5G SH-51A

メリット
  • クワッドカメラ搭載(4眼レンズ)
  • AIによる自動追いかけズーム機能
デメリット
  • 重量が重い
  • バッテリー消費が激しい

シャープから発売されたAQUOS R5Gは4眼レンズを搭載しており、8K画質で撮影できる超広角カメラや、光学2倍の望遠カメラなど多彩なカメラワークを実現することができます。

さらにAIが被写体を自動で追いかけてズームする機能も備わっています。

ただし、画面サイズが大きく画面は綺麗なのですが、重量は189gとかなり重量級のスマホとなっています。

最先端CPUと5Gということもあってバッテリーの消費は早いようです。

Xperia 1 Ⅱ SO-51A

メリット
  • 国産である
  • ワンセグ・フルセグが使える
デメリット
  • 静止画・動画ともに画素数が劣る

21:9の縦長ディスプレイの特性を生かしたマルチウィンドウが特徴です。ウィンドウの入れ替えが以前よりも楽になりました。

また、イヤホンジャックが復活しました

Cinematography(シネマトグラフィ) Pro」は映画撮影に関わるプロからのアドバイスをもらって開発されたムービー機能になれます。プロのようなムービー撮影ができるのも特徴です。

LG V60 ThinQ 5G L-51A

メリット
  • カメラの画素数が圧倒的で8K録画に対応
  • 専用ケースで2画面スマホにトランスフォーム
デメリット
  • 重量が重い

レンズ数は3眼になります。6400万画素と圧倒的な画素数を誇ります。

同じLGのG8X ThinQと比べると画面サイズが大きくなり、重量も193gと重くなっています。

手帳型の専用ケースにハメ込むだけで2画面スマホに変身することができます。つまり、スマホなのにノートパソコンのように使用することができます。

Galaxy S20+ 5G SC-52A

メリット
  • カメラの画素数が圧倒的に良い
デメリット
  • カラーが1種類しか選べない

8K動画が撮影できるなどのカメラ機能もそうですが、大きな特徴として「シングルテイク機能」が加わりました。

この機能は10秒ほどの動画撮影で、最大14シーンの静止画や動画に保存することができます。

どの撮影モードにすればいいか分からない場合は、シングルテイクにすることで最適なシーンを後から選ぶことができます。

Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A

メリット
  • プレミア感がある
デメリット
  • カラーが1種類しか選べない

Olympic(オリンピック)というだけあって、東京オリンピック2020のためだけに作られるプレミアムモデルのスマホです。

実際にオリンピックは翌年の2021年に延期が決まりましたから、ある意味プレミアム感は出るかもしれません。

arrows 5G F-51A

メリット
  • 全体的にスペックが高い
  • インカメラの画素数が圧倒的に良い
デメリット
  • ワンセグ・フルセグが使えない

動画サイズが不明でしたが、全体的にスペックが高い印象を受けます。

シャッターを切る前後数秒のシーンから、AIが表情を認識して切り出してくれる「AIカメラ機能」が加わっています。

スペック比較表

スペックを比較すると各社それぞれ特徴のある機能が備わっていることがわかると思います。

 
Galaxy S20 5G SC-51A
AQUOS R5G SH-51A
Xperia 1 Ⅱ SO-51A
LG V60 ThinQ 5G
Galaxy S20+ 5G SC-52A
Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A
arrows 5G F-51A
発売日
2020年3月25日
2020年3月25日
2020年4月下旬
2020年4月下旬
2020年5月下旬
2020年6月以降
2020年6月下旬
価格
102,960円
111,672円
未定
未定
未定
未定
未定
重量
163g
189g
181g
218g
(専用ケース含めると353g)
未定
未定
未定
バッテリー容量
4000mAh
3730mAh
4000mAh
5000mAh
4500mAh
4500mAh
4070mAh
データ容量
128GB
256GB
128GB
128GB
128GB
128GB
128GB
外部メモリ容量
最大1TB
最大1TB
最大1TB
最大512GB
最大1TB
最大1TB
最大1TB
アウトカメラ
トリプル(3個)
約6400万画素+約1200万画素+
約1200万画素+ToF
クアッド(4個)
約1220万画素+約4800万画素+約1220万画素+ToF
トリプル(3個)
約1220万画素+
約1220万画素+
約1220万画素+
ToF
トリプル(3個)
約6400万画素+約1300万画素+ToF
トリプル(3個)
約6400万画素+約1200万画素+
約1200万画素+ToF
トリプル(3個)
約6400万画素+約1200万画素+
約1200万画素+ToF
トリプル(3個)
約4800万画素+約1630万画素+
約800万画素+ToF
インカメラ
約1000万画素
1640万画素
800万画素
約1000万画素
約1000万画素
約1000万画素
約3200万画素
動画サイズ
8K
8K
4K
8K
8K
8K
不明
フルセグ
ワンセグ
防水
おサイフケータイ

ドコモからは7機種の5G対応スマホが発売されます。

機種が多いので迷われる方もいるかと思いますので、分野別に選ぶべきスマホを観ていきましょう。

携帯性を重視する方

Galaxy S20 5G SC-51A

バッテリー容量を重視する方

LG V60 ThinQ 5G

Galaxy S20+ 5G SC-52A

カメラ性能を重視する方

Galaxy S20+ 5G SC-52A

AQUOS R5G SH-51A

ワンセグ・フルセグやおサイフケータイなどの便利機能を重視する方

AQUOS R5G SH-51A

Xperia 1 Ⅱ SO-51A

まとめ

今回は7機種の5G対応スマホを紹介させていただきました。

やはり全体的に重量とサイズが大きくなっている印象を受けて、スマホからタブレット化している時代の流れを感じます。

5Gサービスについてはすでに開始しているものの基地局が完全に整備されていないため、首都圏の一部の地域でしか使用できないのが現状のようです。

今お手持ちのスマホが古くなって買い替えたい方にとっては、5G対応スマホに乗り換え時かもしれません。

しかし、まだ新しいスマホを利用している方は、基地局の整備状況を見て後継機の5G対応スマホの発売を待つのもありだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました